アド街ック天国『池袋駅』で紹介されたグルメ・スポット 1位~10位

案内・ガイド

2019年2月16日(土)、テレビ東京『出没!アド街ック天国』の池袋特集が放送されました。

「昭和の池袋」をテーマに、戦後の闇市・モンパルナス・巣鴨プリズンの時代から遡り、今の時代のデパートや飲食店、新しい劇場都市への変遷など。

本記事では、1位~10位までをまとめています。

11位~20位

11位~20位は、こちらへ

10位~6位

10位 東池袋 大勝軒本店

今や「つけめん」はラーメンと同じくらい浸透しましたが、その元祖が「東池袋大勝軒」です。ラーメンの神様こと「山岸一雄」さんはラーメン通なら誰でも知っている有名人です。

昭和36年~平成19年まで続き、それから1年後、二代目のもと「東池袋大勝軒本店」をオープンして、今に至ります。

9位 ビックカメラ

池袋といえば、やっぱりビックカメラです。

ビックカメラ

昭和63年2月10日、ドラゴンクエスト3の発売日には1万人もの行列ができていたそう。今でも新作の人気ゲームなどが発売されると、行列ができています。

8位 タカセ

大正9年創業、タカセさんは昔からの池袋の名物パン屋。駅前一等地で、ずっと営業を続けています。

どのパンも美味しく、昔からのレトロ感で有名なのは、アポロやカジノといった菓子パンです。

7位 池袋演芸場

池袋演芸場

昭和26年から続く、落語の名所が池袋演芸場です。テレビでは、柳家 小三治さんの紹介もありました。

6位 ロサ会館

昭和21年にシネマロサができて、その後、昭和47年にレジャー施設のロサ会館もできました。

映画にビリヤードに居酒屋。当時は、池袋西口で遊ぶならロサ会館、という風潮だったようです。

昔からのおでん屋『やま』さんでは、昔、渡辺えりさんもバイトしていたそうです。

5位~1位

5位 佐久間製菓

昭和41年創業の佐久間製菓。ジブリ映画・火垂るの墓に登場する「サクマ式ドロップス」でも有名です。

じつは、お家騒動など、色んなことがあって、今に至ります。

4位 立教大学

池袋では学校の歴史も色々とあります。

明治後期、「豊島師範学校」が開校し、それから「学習院」「立教」などの池袋周辺への移転だったり、「自由学園」の開校などもあって、学生の街としても発展していきます。

立教大学は、明治7年に築地で創立し、大正7年に池袋移転、大正8年に落成した歴史を持ちます。フランク・ロイド・ライト設計でも有名で、すごくオシャレなキャンパスです。江戸川乱歩記念を展示する大衆文化研究センターや、各種の著名人の出身校でもあり、みなさんの憧れミスター長嶋が愛したというカツ丼370円を第一食堂で堪能することもできます。

大正10年~昭和9年まで続いた自由学園明日館は復旧工事などもされ、今は観光地となっています。

3位 劇場

池袋は昔から劇場の文化でも有名です。

とくに昭和23創業の舞台芸術学院は、日本で唯一の舞台芸術専門学校ともなっているそう。

著名な出身芸能人としては、

・磨赤睨
・市村正親
・渡辺えり
・もたいまさこ
・大倉孝二
・平岩紙
(敬称略)

などの面々がご出身だそうです。

都内最古といわれる小劇場・シアターグリーンは今もずっと運営を続けています。

都内最古の小劇場 シアターグリーン

戦後、池袋のような雑居な街では「文化や芝居が育たない」と言われた中、根強く続いて浸透してきた歴史があります。

2位 サンシャインシティ

今や池袋の代名詞になっている、サンシャインシティ

サンシャインシティ

元々は、巣鴨プリズンだった跡地でも有名です。当時、サンシャインシティの建物高さ240mは、東洋一の高さでもありました。

1位 デパート

池袋の歴史で最も重要とされるデパートの存在がランキング1位でした。

デパート

昭和32年~44年の東京丸物は、今のパルコ。昭和15年~24年の武蔵野デパートは、今の西武です。

闇市の広まっていた当時の池袋は、やはり治安はお世辞にも良いとはいえず、なかなかアングラな雰囲気だったそうです。その中で、駅前に大きなデパートが建ち、大きな人の流れが生まれて、だんだんと治安も良くなっていった歴史があるそうです。

また、デパートからは少し話題がずれますが、西武池袋本店の前には、昭和27年~平成元年まで続いた老舗のレストラン『ホワイトベアー』があり、かの藤子不二雄先生がこよなく愛されたそうです。今は、西武地下のお惣菜屋さんになっています。

11位~20位

11位~20位は、こちらへ

関連記事